入金体質

人生の「富」について学び、実践する過程を記録します。

入金体質宣言

 2020年1月14日現在、ぼくの通帳に印字されている日本円は40,195円だ。
 
東京五輪を迎えるこの正月にふと「これを10億円にしよう」と思い立った。以前、上場企業の創業者に「10億円超えるとお金が減らない」と聞いたことを思い出したからだ。派手に遊んでいる社長だった。
 
ぼく自身も会社を経営していて、いわゆる年収は1,000万円を超えている。経営者としての時間も長く、酒が好きなこともあって経営者仲間と飲むことも多い。そんなときに聞く話は刺激的だけど、出費は増える。自分の給料と支出を比べると、毎月、大幅にマイナスだ。
 
数年前、会社が倒産しそうでクレジットカードの返済が遅れ、現在では、ひどい月は妻のクレジットカードを借りるときもある。それでも会社はなんとなく回って経費処理も含めてやり過ごしているが「これは人間としてクズだ」と気づいた。本当のところは、もっと前から気づいていたのだけど。成長しない企業を評して『Living Dead(生ける屍)』という言葉があるけど、今のぼくの描写にぴったりだ。
 
自宅の書棚には、若い頃に読んだ投資についての名著が並んでいる。Arkad Babylon というドメイン『バビロンの大富豪』という世界的な名著からとった。この本は、古代都市Babylon(バビロン)のArkad(アルカド)という富豪を通して、人生やお金の本質を伝える寓話だ。他にも、バフェットもあれば本多静六もある。橘玲もある。株式投資については一通り理解しているつもりだし、企業価値算定なんかについても大枠は把握できている。
 
それなのに、個人の通帳に印字されている現在の数字は笑ってしまう。
 
笑ってしまうので、まったくゼロから、それこそ高校生がやるようなバイトからも含めて10億円まで増やそうと思い立った。どういう手順でやるのか、自分でもまったくわからない。ただ、やることは明確。
 
入金>出金
 
この動態をつくること。これは2020年から始まるdecadeの遊びとしては実に面白いような気がしていて、キャッチコピーを「入金体質」ということにして、一円単位からの話を記述していく。お金を通したこの寓話なのか実話なのか、なんと呼ぶのだろうか、仮にワンダーランドとでも呼んだほうが楽しそうか、いずれにせよいったいどうなるのだろう。自分でもワクワクする。ちなみにバフェットが最初に投資した金額は、114ドルだったという。
 
  • 2020年1月14日:9億9,995万9,805円